• 特集
  • 商品一覧
  • 価格別
  • レシピ
お電話でのご注文・お問い合わせはこちら
0120-49-0008
[ 受付時間]
9:00〜18:00
  • HOME
  • 【季節のお菓子】水無月麸

青もみじが生い茂り
初夏の空気が漂ってまいりました。

京都発祥の和菓子「水無月」を
モチーフにした「水無月麸」を食べて、
残り半年の邪気払いをしてみてはいかがでしょうか

販売期間:5月26日~6月30日
配送期間:6月1日~7月5日

水無月

京都では、6月に食べる和菓子として有名です。
その由来は旧暦の6月1日に氷を食べることで
夏バテを予防するという風習から来ており、
三角形は、氷のかけらや氷の角を表しています。
一般的には、ベースがういろう生地で
邪気払いや悪魔祓いという意味で小豆がのせられています。

夏越の祓~なごしのはらえ~

1年の折り返しにあたる6月30日に
半分の罪や穢れを落とし、
残り半年を無事に過ごせるよう願う
厄払いの神事です。
「水無月の祓」とも呼ばれるほど縁の深い行事。
水無月麸で繋がる皆様も
残り半年、健やかに過ごせますように

水無月麸


1,242円(税込)

半兵衛の水無月は、もっちりなま麸生地のベースに
十勝産小豆をふんだんに使った一口サイズ。
食べやすい大きさで、6個入っております。
ご家族皆様で健康を祈願してみてはいかがでしょうか


※約5×5×7cm、厚み2.5cmの三角形の6個入です。
元々、京都の料理店のご要望により、
食事の〆の甘味として作られた為、
小さなサイズとなっております。

季節を楽しむ半兵衛麸

京都の初夏と共に
からだにいい たんぱく質 と 美味しい をお届けいたします。



【季節のお菓子】水無月麸