商品から選ぶ

冷蔵品
常温品
冷凍品
調味料
限定品
FuFuFu and…

用途から選ぶ

ご自宅用(単品)
ご自宅用(セット)
手土産・プチギフト
ご進物
特選ご贈答
ビジネスギフト

金額で選ぶ

~1000円
~2000円
~3000円
~5000円
5000円以上

こだわり特集12 お盆・五山の送り火

お盆・五山の送り火

五山の送り火はお盆の行事です。
お盆とは旧暦で7月13日~16日のことをいい、明治以降は新暦が一般化しましたので、
8月13日~16日のことを指すようになりました。
お盆は正式には盂蘭盆会(うらぼんえ)と言い、インドのサンスクリット語のウラバンナ(逆さ吊り)を漢字で音写したもので、
『逆さまに吊り下げられるような苦しみにあっている人を救う』ということから転じた仏教行事であります。

日本では奈良時代に始まり、平安時代には仏教の普及とともに広がったようです。
鎌倉時代になると精霊を迎え、これを送る時に"火を灯す"という習慣が定着したようです。

現代のような形になったのは江戸時代からのようで、江戸初期の送り火は、人が山に登って
手に松明(たいまつ)を掲げる単純なものでした。

江戸中期までには十山にも及ぶ送り火が定着していたようで、このときは『大文字焼』と称していました。
戦後、五山に限定され、現代の『大文字の送り火』となりました。
お盆に迎えた精霊を最後の日の夜、火を焚く事であの世に通じる暗い道を明るく照らし、
先祖の精霊が無事に帰れるようにと始められたといわれています。

ちなみに、京都ではご先祖様の霊の事を『お精霊(おしょうらい)さん』と呼びます。
8月7日~10日 六道珍皇寺(ろくどうちんのうじ)で鐘をついて始まる、「六道まいり」という
お精霊(おしょうらい)さんのお迎えが営まれ、あの世から迷う事がないようにお参りします。
京都ではあと上京区の千本えんま堂、右京区の妙心寺でもお精霊(おしょうらい)さんの
六道まいりが営まれています。

送り火の火床は護摩木で成り立ってます。
護摩木は京都の、自然豊かな美山(半兵衛麸の工場もあります)の松の木を使用しているそうです。
倒木したものや古くなった木を切り、表面を平らにしたもので、
その表面に墨で"戒名"や"○○家代々の霊"、"無病息災"など、
思い思いの言葉を書き、保存会の方に託します。

送り火当日、保存会やボランティアの方々の手により、
それぞれの山へ運ばれ、送り火となるその時を待ちます。


8月16日午後八時、京都市内のネオンサインが一斉に消され、
『大文字』→『妙・法』→『舟形』→『左大文字』→『鳥居形』へと京都市内を囲むように
左回りに次々と点火されます。

それぞれの燃焼時間は約30分程で、始まりの『大』の字から最後の『鳥居形』まで
約1時間に満たない儚い時間ですが、その光景はとても厳かで、永い時を経てもなお、
"送り火"という行事が続いている、ご先祖様や亡くなった人を想う・・・そんな事を思いながら、送り火を見、
手を合わせていると、胸が熱くなるのは私だけではないと思います。
御先祖様に思いを馳せ、いまある日常の平安な日々に感謝してみてはいかがですか?

立秋も過ぎ、朝夕いくらか涼しくなりましたが、まだまだ日中は残暑が厳しく、夏バテで食欲がない方が
(私も含め)多いと思います。
そこで!!
簡単に作れて、食欲のない方でもあっさりお召上がり頂けるレシピ2品をご紹介致します。

◆冷たい抹茶粥

□材料:
 さがら麸(色合い的にあわ麸でも可)、お米、水、梅肉
 抹茶、塩、水

□作り方:
 1. 白粥を作り、冷やしておく
 2. さがら麸を5㍉程度にスライスし、湯通しをする
 3. 2.を氷水に冷やして、細かく切る
   湯通しから小さく切ると、茹ですぎるので要注意!!
 4. 少量の水で抹茶、塩をよく溶かし、3.と一緒に1.に合わせる
 5. 最後に梅肉をのせる

* さがら麸は本店限定のプレーンタイプのなま麸でございます。
 オンラインショップでのお取扱いはございません。


◆生平ゆばと上人揚麸の山椒和え

□材料:
 生平ゆば、上人揚麸
 めんつゆ、水、粉山椒

□作り方:
 1. 生平ゆばは短冊状に切る
 2. 1.のゆばを煮物だし(めんつゆですると簡単!!)で味付けし、
   1日寝かして味をしっかりつける
 3. 上人揚麸を細かくきざんで、2.に和える
   分量はコクを出すのに両端の部分をほんの少しでO.K
 4. 3.に粉山椒を適量入れる